酵素ドリンクと添加物

酵素ドリンクには無添加の酵素ドリンクと、添加物が入っている酵素ドリンクとがあります。添加物も様々な種類の添加物がありますが、人工甘味料や保存料、香料や色素などが添加物の例として挙げられます。こういった添加物は酵素ドリンクのパッケージや原材料のラベルを見ることで、どのような添加物が入っているのかを確認することができます。酵素ドリンク本来の効果を期待するのであれば、まずは無添加の酵素ドリンクを飲まれることをおすすめします。

酵素ドリンクに添加物を入れる理由

そもそもなぜ酵素ドリンクに添加物を入れるのかと言うと、簡単に言えば「長く保存」して「おいしく」飲めるようにするためです。イメージを分かりやすくもっていただくとすれば、 酵素ドリンクを飲んでのダイエットをイメージしていただくと良いかと思います。 ダイエットがより長く続くようにと、少しでも酵素ドリンクを飲みやすいように人口甘味料などを添加して「おいしく」しているのです。

ところが、添加物は通常消化されずに腸まで達してしまいます。厳密には消化に時間がかかる成分であるため、添加物を体外に排出するために大量の酵素を使わなくてはならないのです。つまり、添加物が加えられているとその分余計に酵素を消費することになってしまうのです。体内酵素を増やすために酵素飲料を飲むのが目的なので、酵素ドリンクに添加物が入っていること自体が本来の目的を考えれば矛盾しているのですね。

本来、酵素ドリンクは直射日光の当たらない冷暗所であれば冷蔵庫に入れなくても保存できるものです。むしろ常温で保存した方が酵母菌の数が増えるとも言われています。このような性質を持つ酵素ドリンクに、長期保存を目的に合成保存料を添加する理由はなぜでしょうか。背景を推測してみると、きちんと発酵・熟成を経て作られたものなのか疑問に感じるところです。

添加物の有無をどうやって確認すれば良いか

商品の裏の「原材料名」を見て下さい。材料がたくさん書かれていても、酵素エキスと書かれた後に( )内に材料が書かれている場合は、その材料を使ったエキスが入っているというだけで、どれくらい入っているかは分らないのです。

通常、天然で無添加の酵素であれば、成分表示の部分が原材料の野菜などの名前しか表記されていません。これが、「○○抽出物」や「○○エキス」みたいな書き方をされ、野菜などの名前がきちんと書かれていない場合は、無添加の酵素ドリンクではないのです。極端な話ですが、仮に1滴でも野菜のエキスを入れてしまえば、それを薄めることでいかにもそれっぽく書くことができるのです。よって、添加物の有無を見極めるためには、まずは成分表示をしっかりと確認するところから始めましょう。

酵素ドリンクはその効果が マスメディアにも広く取り上げられることが多くなり、酵素ドリンクの商品数も日増しに増えてきています。目的に沿った確かな違いを実感するためにも、酵素ドリンクを選ぶ際には無添加のものを選びたいなと思います。具体的には、「酵素ドリンクの選び方」を参照して下さい。

成分、品質、価格で総合調査したランキング

酵素ドリンク比較してみました